へんろみち保存協力会

へんろみち保存協力会とは

「へんろみち保存協力会の会員は何人ですか?」とよく聞かれた。
「会員はいませんが、協力者はたくさんいます。」
と笑って答えた宮﨑建樹さん。
 売名行為ととられたくないが、責任の所在はあきらかにするべきと、遍路道を歩いて建てた道しるべに「へんろみち保存協力会」と1本1本ペンキで記した。最初は松山近辺だけのつもりが、気がつけば四国八十八ヶ所をつなぐ“お遍路さん”のための大切な道しるべとなっていた。やがて、遍路道の草を刈り、距離を測って地図を作り…
その姿に賛同した多くの仲間や地元住民の方々が活動を支えてくれた。歩き遍路を体験して「地図と道しるべに助けられた」と協力を申し出てくださった方も現れた。
 たった一人で始め、「お遍路さんが迷わないように」と日々できる限りを尽くしてきた宮﨑さんは、奇しくも「平成遍路石」をちょうど100基建てられた矢先、お大師さんに「お疲れ様」と言われたかのように旅立たれた。
 この、宮﨑さんの思いと活動を終わらせてはならない。私たちは「へんろみち保存協力会」を『会』として存続させ、その思いを引継ぎ“お遍路さん”のために活動していきたいと一般社団法人を設立しました。
 宮﨑さんの口癖を思い出す。「私は黒子ですから」

 

主な事業

遍路道の保全・整備・復元

四国遍路道沿いには、当会が設置した道しるべや遍路札が約2,000箇所あります。お遍路さんが安全に、安心して巡礼できるように、保全・整備・復元活動を行っています。また関係団体の活動にも参加・支援を行っています。

四国遍路ひとり歩き同行二人【地図編】・【解説編】の編集・出版

平成2年に発刊された「四国遍路ひとり歩き同行二人【地図編】」は歩き遍路の方にご好評いただいています。宮﨑建樹氏が編纂したルートを基に、時とともに変化する道路やランドマークにも対応編集・出版を行っています。

 

沿革

1987年(昭和62年) 宮﨑建樹氏が「へんろみち保存協力会」を創設。愛媛・香川・徳島・高知と3年かけて、四国遍路道に道標(全て手作り)の表示板2,000枚と、杭800本を設置。ボランティアを募り、草刈りや遍路道の復元に取り組む。
1989年(平成元年) 四国全体に道標の設置完了
1990年(平成2年) 「四国遍路ひとり歩き同行二人【地図編】」を自費で発刊。
1995年(平成7年) 平成遍路石の建立を開始。(現在100基建立)
1996年(平成8年) ボランティアで遍路道の整備を行う四国霊場・遍路道「草刈奉仕団」を結成。
1997年(平成9年) 「四国遍路ひとり歩き同行二人【解説編】」発刊。
2008年(平成20年) 高知県中土佐町長より「旧へんろ道(土佐往還そえみみず遍路道)」の復元で感謝状を授与される。
2010年(平成22年) 宮﨑建樹氏逝去。
2017年(平成29年) 一般社団法人 へんろみち保存協力会を設立。

カレンダー

2018年7月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031