へんろみち保存協力会

【活動報告】遍路道調査会 愛媛県夜昼峠遍路道を歩きました。

去る9月9日、愛媛県八幡浜から大洲に抜ける古街道(遍路道)を調査しました。

へんろみち保存協力会と「四国へんろ道文化」世界遺産化の会の共催です。

かつて、八幡浜に上陸したお遍路さんは、この夜昼峠を越えて大洲を目指しました。所々に古街道(遍路道)を示す、道標や地蔵や大師堂、遍路の墓なども残っていました。

この日はまだまだ暑く、参加者は汗だくになりながら急斜面を登り、調査をしながら、いにしえのお遍路さんや旅人の苦労を偲びました。

調査レポート

八幡浜の地名の由来となった「八幡宮」前からスタートです。

街道の雰囲気が残っています。

このあたりで街並みは終わります。

千条川沿いには道中を見守り続けていた地蔵尊が。

峠の登り口手前には大師堂がありました。

廃校となった川之内小学校の手前を登ります。ここから峠道です。

登り口の道標が目印です。

結構急坂でした。

風情ある道を進みます。

草と葛のつる、雑木が茂っているところがありました。ちょっと打ち払いながら進みます。

登りの途中には双子地蔵が。

峠ピーク付近です。

下りは林道や車道と交差しているので、注意が必要です。

58番仙遊寺のご住職にご参加いただきました。

地蔵尊がありました。

お遍路さんのお墓がありました。屋根付きの祠は大切にされてきた証です。

峠を下った先にも大師堂が。

もうすぐゴールです。今回は伊予平野駅がゴールです。

伊予平野駅から大洲の中心部まで、今回は歩けませんでした。

またいつかコンプリートを目指します。

ご参加いただきました皆様ありがとうございました。

 

関連記事

カレンダー

2024年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930